「志国高知龍馬ふるさと博」開幕 県立牧野植物園で企画展「和蘭(オランダ)の春」スタート!!(2011/3/8)

中村 裕司

 3月5日「志国高知龍馬ふるさと博」が開幕。これから一年間、高知が誇る食、歴史、文化、豊かな自然、美しい花を全国に紹介していきます。
 高知市五台山の県立牧野植物園では企画展「和蘭(オランダ)の春」がスタート。2009年、高知県とオランダ・ウエストラント市が締結した友好農業協定を記念して造られたフレンドシップガーデン(友好庭園)ではオランダから輸入したチューリップやユリなど約10万球の球根植物が咲き誇ります。
 見どころは土佐の皿鉢(さわち:高知の宴席に欠かせないさまざまな料理を盛り付けた大皿)にオランダの花を寄せ植えした花皿鉢(最大のものは直径5m!!)会場全体に40皿以上を配置し、素晴らしい出来ばえです。
 これらの球根の大半を(オニングス社等の協力により)当社が手配。オープニングセレモニーにはタレントの島崎和歌子さん、十河副知事様、岡崎高知市長様を始めとする高知の著名人に加え、私とオニングス社のシューイット・オニングス(一カ月間高知で研修中)も参加しました。
 現在はチューリップやスイセンが見ごろ。やがて、季節とともに主役はダッチアイリスやユリに移って行きます。
 当社の「ゆりフェスタ(6月1日〜5日)」も「ふるさと博」参加行事。牧野植物園とのコラボレーションをお楽しみください。今年も、今年こそ、高知へどうぞ!!
                           
 高知新聞
 (2011年3月6日付)