社長 挨拶(2011/12/20)


社長 挨拶

 
 1955年(昭和30年)父、中村利道が花栽培のかたわら「より良い球根をお届けしたい」「身近で役に立つ球根業者でありたい」との思いで花き球根の仕事を始めました。今日、ユリ球根につきまして我が国を代表する取り扱いをさせていただいておりますことは、ひとえに長年に亘るお客様や関係の皆様方の温かいご支援とご協力の賜物と心より御礼申し上げます。

 私達は創業の精神を引き継ぎ、前進させるべく様々な取り組みに励んできました。オランダ産隔離免除球根の国内初輸入、プレルーティングシステム、南半球産球根、ウェブサイトによる情報発信、使用済み容器の再利用プラント、非常時用自家発電装置、試験農場、ゆりフェスタ、新冷温蔵庫等々。これらはすべてお客様からのご要望やヒントを具体化したものであり、これからもお客様の声に耳を傾け、お客様目線で考え続けて参りたいと存じます。

 一方、弊社自身の果たすべき役割や発想の転換にも努めております。「流通業+α」、商品素材の更なるレベルアップを基本として、それらにどう私達の工夫を加え完成度を高めて行くか、いかに維持・管理して行くか、更なる栽培技術へのアプローチ、といったモノづくり的思考を推し進めます。平均年齢31歳、まだまだ経験不足で成長途上の私達ですが、お客様とともに栄える会社でありたいと思います。

 今、日本は長期にわたる景気低迷や東日本大震災からの復旧・復興等、困難な問題に苦しんでいます。しかし、そんな厳しい時代だからこそ、私たちは「花と笑顔に満ちた心豊かな社会作り」を目指して研鑽を重ねて参ります。

 今後ともよろしくご指導をお願い致します。  


2011年12月

株式会社 中村農園 
中村 裕司