トップ レポート 在庫表 会社案内 お問い合わせ
一年に一度しか収穫できない球根は、お客様が実際に植付けをする何年も前から仕入を行い、確保にかかる場合もあります。それぞれの品種が異なる性質を持つため、自社試験栽培や、海外での情報収集・調査を踏まえ、日本の気候や作型にあった魅力的な品種を選択します。お客様からのご意見、マーケットの需要や変化も把握して取り組むことが重要です。
 
各国の球根生産地に出向き、生産規模や生育状況を確認します。こうした情報は、お客様へレポートにまとめ、最新の情勢をお伝えしています。
球根は、同じ品種でも、バックグラウンドや育った環境により品質や性質が異なります。現地の作業工程や考え方の変化などを細かくチェックし、自分達の目で見て感じ、安心できる品質の確保に努めています。
 
お客様の作付け計画を考えて、それぞれの商品を最適な状態で輸入してきます。おかげさまで年々取扱い数量も増加しつつありますが、システムを駆使し業務の効率化と正確化を図り、品揃えの精度を向上してきました。
今後とも、生き物を運ぶという意識を持って、気候やお客様のご要望に合わせた球根の管理、輸送を行って参ります。
 
それぞれの商品や時期により、保管温度は異なるため、大変気を使います。
球根は生ものですので、冷凍保管中もちゃんと生きています。厳密には、状態は刻々と変化しており、現場の品質管理チームを中心に、自分達自身で見て、触って、調整や管理をおこなっています。
機械任せの管理では守れない品質の差がそこにあります。
 
育種会社・関係各社との提携で日本最大規模の品種試作展示を行っています。それぞれの試験プログラムに、目的と課題を持って取り組み、ご来場いただいたお客様に“おもしろいっ!”と、驚きと発見をもっていただけるよう、工夫するとともに、気持ちよい環境整備も心がけています。ホームページの試験農場ブログなどを通じて、情報発信にも努めています。
 
全国各地にいらっしゃる、お客様それぞれの環境や栽培時期が異なるため、経験と対話の中で条件に合った品種選定のお手伝いをすることが重要です。適切な情報提供を行い、お客様と交流し、協力しながら切花生産の向上を目指すことが私たちの役割です。
 
お客様の生産計画に合わせ、納品を行っています。当社社員自身が納品し、生育中の花の状態を見せてもらうこともあります。農業ですから、天候によって計画が変更されることもあり、イレギュラーな出荷にも対応できるよう、輸入・営業と連携を密にすることが重要です。
 
輸入時に用いられ使用済となったプラスチック製ケースを専用プラントで破砕、チップ状にして再び海外へ送り、資源としてリサイクルしています。私たちは今日の企業として、環境問題への配慮を当然の責務だと考えています。
 
 
株式会社 中村農園 〒781-0270 高知市長浜5381-2
フリーダイヤル.0120-874195[ハナヨイキュウコン]
Tel.088-841-1311 Fax.088-841-0603
e-mail. info@nfb.co.jp
NAKAMURA-NOEN CO.,LTD
5381 NAGAHAMA KOCHI 781-0270 JAPAN
Tel.+81-88-841-1311 Fax.+81-88-841-0603
e-mail. info@nfb.co.jp